FC2ブログ

アーネーソンサーフェースドライブ、油圧シリンダー交換

Arneson Surface Drives のトリムシリンダーを交換しております。
リンクは3箇所、あとは油圧ホースとメーターケーブルを外すだけ。
20150517P5804.jpg
格別難しい作業ではないが、重いのとドライブ其の他がついているので 結構時間がかかります。
20150517P5808.jpg
油圧配管は2本、固定はボルト4本。フォークと人海戦術で交換。
アーネーソンサーフェースドライブ
あとはエア抜きし、TEST。取付面のシール材は昔はハマタイトとゆう商品を使っていたが、現在は生産中止になっているので別の物を使っています。以前のハマタイトほど早く硬化しないので、時間をおき後日固まってから下架し本格的に走行試験します。

Arneson Surface Drives trim cylinders are being exchanged.
Just link 3 points, then just disconnect the hydraulic hose and meter cable.
Although it is not an extremely difficult task, it is quite time consuming because it is heavy and the drive and others are attached.
Two hydraulic piping, four bolts fixing. Exchange with fork and human tactic tactics.

After that bleed air, TEST. In the past, the sealing material of the mounting surface used Hamatite and Yu products, but now we are using another thing because it is discontinued. Since it does not harden as quickly as the previous Hamatite, after a certain time has passed, it solidifies and then runs downwardly and then runs in full swing.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ARNESON-SURFACE-DRIVES

ASD(アーネーソンサーフェースドライブ)の点検整備

Areson Surface Drivesの点検整備を行ってます。
通常のシャフト船などにあるラダーに当たる部分がない(ペラを支持する本体が直接左右に動きます)為、本体を動かすシリンダーが重要な役をします。このシャフト部分にカキなどが付着すると、シールをダメにしたりいいことが全くありません。
AresonSurfaceDrives

↑シリンダー可動部を清掃後。
USAにはASDを専門に作業する会社もあり、定期的な清掃は維持管理に必要であると言われています。
アーネーソンサーフェースドライブ艇では、このほかにフラップを動かす2本のシリンダーもありますが、こちらも同じように重要です。エンジン回転だけ上がっても、ドライブ(ペラ)を下げた状態からめいいっぱい上げるところまで、船体が滑走状態に入らないと負荷だけ上がってスピードが出せません。そんな状況にならないように、定期清掃がかなり重要です。

I am doing maintenance and inspection of Areson Surface Drives.
The cylinder that moves the main unit plays an important role because there is no part hitting the ladder on a regular shaft ship (the main body supporting the pellar moves directly to the right and left). If oyster etc adheres to this shaft part, there is no good or no good at the seal.

↑ After moving the cylinder moving part.
There are companies that work ASD exclusively in the USA, and it is said that regular cleaning is necessary for maintenance.
There are also two cylinders that move the flaps at Arthon sonface drive boat, but this is also important as well. Even if it goes up only by engine rotation, if the hull does not enter the sliding state from the lowered state of the drive (pela) down to the point where it will raise a lot of it, only the load will rise and speed will not come out. Regular cleaning is quite important so that it will not happen.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ARNESON-SURFACE-DRIVES

Arneson Surface Drive,シリンダーの定期清掃

アーネーソンサーフェースドライブのとも周りの清掃を行ってます。
プロペラの上下左右やトリムタブを動かしている、シリンダーの可動部分を清掃しています。
この部分にカキがつくと、シリンダーストローク部分に傷がついたり、SEALが切れてOILが漏れたりします。トリムの上下やステアリングの左右の動きなど4本のシリンダーだけでコントロールしているので、重要な定期清掃の一つです。
ARNESON-SURFACE-DRIVES
アーネーソンサーフェースドライブ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVESの整備

ARNESON-SURFACE-DRIVESでは油圧シリンダーで左右の舵(ステアリング)とプロペラ上下をコントロールするため、船底の清掃などもかなり重要になります。シリンダー可動部分にカキなどが付着すると、SEALを破損したりします。また各メーターにつながっているトリムなどのセンサーはワイヤーでアナログ的に連結されているので、こちらもカキがついただけで、表示に狂いが出ることがあるので、注意が必要です。
ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVES

高性能を維持するためには、まめな整備が必要ですね

ARNESON - SURFACE - DRIVES controls the left and right rudder (steering) and the propeller up and down with a hydraulic cylinder, so cleaning of the bottom of the ship is also very important.
If oyster etc adheres to the movable part of the cylinder, it will damage the SEAL.
Also, since sensors such as trims connected to each meter are connected in analog fashion by wires, attention also is required because display may be deviated by merely attaching oysters here as well.
In order to maintain high performance, it is necessary to have extensive maintenance


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVES

ARNESON-SURFACE-DRIVESではシリンダーの日々のメンテナンスがとても重要です。稼働部分である油圧シリンダーのロッド部分にカキなどがつくと、SEALの破損/OILもれなどの要因につながるからです。
ARNESON-SURFACE-DRIVE
ARNESON-SURFACE-DRIVE

この大きなプロペラを上下左右に4本のシリンダーで動かすのがアーネーソンドライブ。40ノットオーバーでバンクしながら曲がっていくボートに乗れるのも造船所の役得(回航中は試験運転ではないので、飛ばしません)。

Daily maintenance of the cylinder is very important in ARNESON - SURFACE - DRIVES. When oyster is attached to the rod part of the hydraulic cylinder which is the operating part, it leads to factors such as SEAL breakage / OIL leak.
It is Arneson drive to move this large propeller with four cylinders up and down, left and right. It is also a shipyard 's aid to get on a boat that is going to bend while banking with 40 knots over (I will not skip because it is not a trial operation while traveling).


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ARNESON-SURFACE-DRIVES

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ