FC2ブログ

MTU183TE92,燃料噴射ポンプ確認中


船長いないので海上試運転立会ができなかったが、とりあえず当初のオイル漏れなどは完治した。無負荷の回転も十分。
MTU183TE92
なんだかんだで、昼まで復旧後の確認にかかった。BATが上がっていたりといろいろ付帯作業がおおかったので。
帰りに夢マリよってVOLVO-TAMDの点検による。 これで昨日は打ち止めです。

Because there was no captain, I could not attend the offshore trial run, but in the meantime the oil leaks at first were completely recovered. No-load rotation is enough.
It took some time to check back after the restoration by whatever. Because BAT was up and various incidental work was great.
Depending on the check of VOLVO-TAMD depending on the dream Mary going home. Yesterday is a stop.

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

MTU183TE92,燃料噴射ポンプと奮闘中、、、

MTU183TE92
タイミングマーク合わせて仮組の図。この中で一か所間違いがあります! さあどこでしょう?
本締めする前に気が付きましたが、ビフォーアフターの画像と比べながら組んでもあわてると凡ミスが、、、
大事に至らんようにチェツクの連続です。 

同燃料噴射ポンプは左バンク側のリンク(ポンプの裏でみえませんが)がやたらじゃまで、固定に一苦労です。
実際にはもう少しポンプ起きた状態です。インマニの形状も△、ボルト入れずらいです。
2名での作業ですが、タイミングマーク合わせるのに何回か仕切り直す。ひとりじゃ少々無理がありますので。

A diagram of a temporary set by matching timing marks. There are one mistake in this place! Where is it?
I noticed before final tightening, but when I hijacked it while compiling it with the image of before after mistake, I made a mistake ,,,
It is a series of checks as it leads to importance. In the case of

The fuel injection pump is hard to fix, even if the link on the left bank side (not visible on the back of the pump) is bad.
In fact it is in a state where the pump is on a little more.
The shape of the intake manifold is also Δ, bolt does not fit.
Although it is work with two people, please divide it a few times to adjust timing marks. Because there is somewhat impossible just by yourself.
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MTU183

MTU183TE92燃料ポンプ

MTU183TE92
MTU183TE92
ポンプ屋さんよりOHを終えて戻ってきた、MTU183の燃料ポンプ。そのテスト風景。

精密機械もさることながら、このようなテスト機材が他にも多くいることから専門業者さんへの依頼が必要になる。
技術ももちろん必要なので、機械があれば出来るとゆうことではない。
もし講習会などあれば、非常に興味深くぜひ参加したいところではあるが、それはあくまで個人の理解度を深めるための勉強
であり、軽く勉強したくらいでこのような精密機器のOHが仕事でできるほどあまくない。でもおもしろそうですね。
While checking precision machinery, there are many other test equipment such as this, so it is necessary to request a specialist.
Technique is of course also necessary, so it does not matter if you can do machines.
If there is a workshop etc, it is very interesting and I would like to participate, but it is a study to deepen individual understanding to the last
It is not so good that OH of such precision equipment can be done at work just about studying lightly. But it looks interesting, is not it?
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MTU183

燃料噴射ポンプ関係

昨日は燃料噴射ポンプを上げまして、オイルがどこか漏れているか?
取付部のオーリング交換だけで直るかな?とゆう期待半分不安半分の出張でしたが、ケースのオーリング取付部の摩耗でした。

ブロック表面に錆等多少ういていますが、エンジン本体に問題はありませんでしたので、ポンプ側の整備で直ります。
取付面はきれいに清掃して復旧します。

201610031IMGP0041.jpg

FUEL-PUMP関係作業中
OIL漏れを起こしてしまった問題のPUMPを持って、急遽その足で名古屋のメーカーまで!
※現在この上記噴射ポンプはケースを交換して、完治しております(ベンチテストによる成績もオイル等の漏れも問題ありません)
完治後の復旧した燃料ポンプ↓(ケース交換&OH済み)
2016110000DSC_0144.jpg


東京―静岡―名古屋ーと移動したところで、集中工事もかさなり帰宅途中でギブアップしました
やることがたまってきた、、、
I raised the fuel injection pump yesterday and is the oil leaking somewhere?
I wonder if it can be fixed only by replacing the O ring in the mounting part? Although it was a business trip of half anxiety expectation of Yu expectation, it was abrasion of the O ring mounting part of the case.

Although the surface of the block is rusted somewhat, since there was no problem with the engine itself, it will be repaired by maintenance on the pump side.
Clean the installation surface cleanly and restore it.

Hold PUMP of the problem that caused OIL leak, hurry up to the manufacturer of Nagoya with that foot!
* Currently this injection pump exchanges the case and is cured completely (the results by the bench test and the leak of the oil etc are satisfactory)
Fuel pump recovered after complete recovery ↓ (Case exchange & OH completed)

In the place where I moved to Tokyo - Shizuoka - Nagoya - the centralized construction also gathered up on my way home coming home
Things to do are accumulating ,,,
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

MTU183TE92,燃料噴射ポンプと格闘中です。

MTU183TE92
燃料噴射ポンプの脱着を行うため、ターボからのエアーパイプx2とAF-COOLER後方のカバーを外す。
燃料デリバリーパイプもすべて外します。(このときはまだ外す前です)
フライホイールハウジング上部のカバーを外すため、各パイプ類やソレノイドなどの邪魔なものも外す。

MTU183TE92
かばーが外れるまでずいぶんかかったなー。 エンジンをターニングして、1番の上死点を確認中。
ポンプの合マークとダンパーのマークも確認した。これで外せます。
今日は残念ながらここまでです、、、

MTU183TE92
帰り道は東名の集中工事で下りの御殿場右ルートが、上りの迂回ルートになっていた。だから看板は臨時の物いがいはすべて
逆さまです。
カーナビも合法逆走のためか、おかしなことになっていた。
Remove the air pipe x 2 from the turbo and the cover behind the AF - COOLER in order to detach the fuel injection pump.
Also remove all fuel delivery pipes. (It is before removing it at this time yet)
To remove the cover at the top of the flywheel housing, remove obstructions such as pipes and solenoids.

It took a long while for the cover to come off. Turning on the engine, I am checking top dead center.
Also confirmed the matching mark of the pump and the mark of the damper. This can be removed.
Unfortunately it's here today ,,,
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MTU183TE92

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ