FC2ブログ

MAN-D2842LE433点検作業

MAN-D2842LE433 1550HPの4ターボ、ツインインタークーラーエンジンの点検を行っております。
エンジン本体に付随する、キングストンバルブの開閉点検やマウントのゆるみの確認も毎度の点検表をもとにチェツク中。
MAN-D2842LE433,RWP

最近はゴムインぺラーではないタイプの海水ポンプも増えているので、今となってはこちらの方がポピュラーでOHも楽。MTUなどの海水ポンプは、冶具と精度などの諸事情から分解整備する場合は、メーカーにOHを依頼しています。MANのこのタイプなら、部品を注文して自社で行います。
MAN-D2842LE433

熱交換器本体の冷却ラインのテストとCAPのテストをしております。冷却水の量などもチェツク。

点検項目はまだまだありますが、写真のアップロードが今日はうまく行かないので記事はあきらめました。
サーバーの問題かな?

MAN-D2842LE433 1550 HP 4 turbo, twin intercooler engine. Inspection.
Checking the opening and closing of the Kingston valve attached to the engine body and confirming the loosening of the mount are also under checking based on the inspection table every time.
Recently there are an increasing number of types of seawater pumps that are not rubber - in - a - pellar, so now it 's more popular and OH is easier as well. For sea water pumps such as MTU, if you disassemble from the various circumstances such as jig and precision, OH is asked to the manufacturer. For this type of MAN, order parts and do it in-house.
We test the cooling line of the heat exchanger body and CAP. Check the amount of cooling water etc.
Although there are still many inspection items, uploading photos does not work today so I gave up the article.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MAN-D2842LE433

とも周り整備

またR&D. なぜか似たような作業がつづきますね。
R&D

この手の弾性カップリング的なものが入っていると、軸芯の確認など通常より工数が増えるので、面倒です。
メリットは先に述べてありますが、デメリットもないわけではない。
組み付け部品が増えればそれだけ問題の発生する可能性も多少増えるわけで、部品精度、組み付け精度、軸芯調整の手間の増加、ペラとラダーと船体などの位置関係[アライメント]の変化など。
R&Dはまだやりやすいと思うが、ゴムの入った大型の弾性カップリングなど結構大変です。以前大型のもので苦労した苦い経験があります。

カップリングの抜き出しには、油圧ジャッキと冶具を使います。2人1組みでの作業で、シャフトを動かしながらPSSともども外します。今回はカットラスベアリングの調整なども含まれているので、作業は1日では完了できません。現状確認/測定→分解抜き出し→調整→仮組み/測定→これを繰り返しOKのところであとはテストをするわけであります。相棒の腕次第で、2人の作業が3人分になるか1.5人分に落ちるかが決まります。
Also R & D. For some reason similar work continues.

It is troublesome to increase the man-hours than usual, such as confirmation of the axis center if this kind of elastic coupling type is included.
Although the merit is mentioned earlier, there is no disadvantage.
As the number of assembled parts increases, the possibility that problems may occur is also increased to some extent. Increase of parts accuracy, assembling accuracy, increase of labor for axis center adjustment, change in positional relationship [pala, ladder, hull, etc.] [alignment].
I think that R & D is still easy to do, but it is quite tough, such as large elastic coupling with rubber. There is a bitter experiences I had struggled with something big before.

To extract the coupling, use a hydraulic jack and a jig. Working with one pair of two people, I remove the PSS as well as moving the shaft. Since the adjustment of the cutlass bearing etc. is included this time, the work can not be completed in one day. Current status Check / Measurement → Disassembly Extraction → Adjustment → Preliminary Work / Measurement → Repeat this and repeat OK at the end of the test. Depending on the arm of the partner, it is decided whether the work of two people falls to three people or 1.5 people.




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

緊急修理、R&Dの交換作業

減速機カップリングとプロペラシャフトカップリングの間に挟まっているのが、R&Dです。
プロペラシャフトの衝撃(ペラをぶつけたりするような)をR&Dで喰いとめて、減速機の内部損傷を軽減します。
R&D
R&D
但し物自体はプラスチック製なので、前後進の切り替えが煩雑であったりするとボルトの穴がすこしずつ大きくなりますので、定期的に点検が必要です。
ここまで壊れる前に、振動とか音とかの前兆があると思われます。
いつ壊れてもすぐに直せるのだろうと、頼っていただけるのはありがたいのですが、在庫がなければすぐには交換できません。
R & D is pinched between the reducer coupling and the propeller shaft coupling.
R & D stops the impact of the propeller shaft (such as bumping the bell) and reduces internal damage to the reducer.

However, since the thing itself is made of plastic, if the switching of forward and reverse is troublesome, the hole of the bolt will increase little by little, so regular inspection is necessary.
Before breaking so far, it seems there is a precursor of vibration or sound.
It will be appreciated if you can rely on it as soon as it will be damaged, but if you do not have stock you can not replace it immediately.



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

エントリーしてみた

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

MAN-D2842LE406,点検作業

MAN-D2842LE406 V12-1200HPのマリンディーゼルエンジンにて。
油脂類の量と状態や漏れ、各部緩みなども含めいつもの点検作業をしています。下記は冷却水の量と圧力テストを開始し始めたところ。
MAN-D2842LE406

海水系の熱交換器は、定期開放整備を行いたい。
このCAPの取り付け側[ベース]は液状ガスケットのみなので、定期的につけ直したい。
MAN-D2842LE406

MANに限らずホース類は劣化しますので、定期交換がのぞましい部品です。
MANの古いエンジンでは、OIL-COOLERのガスケットなどもウィークポイントかと。o/Hしていればガスケットも交換されるので安心なのですが。
当社管理外のエンジンにて飛び込み修理が今年は2件ありました、ともにOIL-COOLER周りのガスケット不良です。

キングストンバルブやバッテリーはエンジン部品ではありませんが、船体の重要部品です。
定期点検で不具合が発見されたものは早急に対応したい。(勝手に修理して請求するわけにはいきませんので、報告後了解を得たあと初めて整備に着工となります)
MAN-D2842LE406

製造後10年以上たっている物は、アワーメータ-がまだ行ける状態でも一度開放を考えてもいいかもしれません。
調子のいいものを無理に分解する必要はありませんが、毎日乗る作業船よりたまにしかのらないプレジャーボートのエンジンの方がもちは悪いかと思われます。 今回のエンジンでは、点検にて漏れなども多数確認しています。
整備計画を立て、OKが出たものは開始します。

MAN - D 2842LE 406 With a marine diesel engine of V12 - 1200 HP.
We do regular checking including the amount and state of oils and fats, leaks, loose parts etc. The following is the point where we started to test the amount of cooling water and the pressure test.

Seawater type heat exchangers want to do maintenance on a regular basis.
Since this CAP installation side [base] is only liquid gasket, I would like to fix it regularly.

Since hoses are not limited to MAN, regular replacement is a good part.
With old engine of MAN, OIL - COOLER gasket etc is also a weak point. If o / H is done, gaskets are also exchanged, so it is safe.
There were 2 dive-in repairs by our engine outside our management, this is a gasket defect around OIL-COOLER.

Kingston valves and batteries are not engine parts, but they are important parts of the hull.
I would like to respond promptly to what I found defects by regular inspection. (It will not be possible to claim it by arbitrary reply, so it will be a start to maintenance for the first time after gaining consent after reporting)

Things that have been manufactured for more than 10 years after manufacture may be considered even once the opening of the engine is considered even if the hour meter is not advanced.
It is not necessary to forcibly disassemble things that are in good shape, but it seems that the pleasure boat engine that is occasionally riddled from a work ship riding everyday is bad. In this engine, we have confirmed many leaks etc. at inspection.
We will set up a maintenance plan and start the ones with OK.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MAN-D2842LE406

YANMAR-6CZAS-GT

本日はYANMAR-6CZAS-GTの点検(簡易)をしています。メインは船底の整備です。
ヤンマー6CZAS-GT

狭いエンジンルームに比較的大きいエンジンが搭載されているので、整備点検者にはつらい。
海水ポンプのメカシール不良や、排気管のピンホールなど何点か気になるところが発見された。
とりあえず報告までで、修理するかしないかは報告後に仕切り直しです。
YANMAR-6CZAS-GT
バッテリー電圧や比重をいつも見ますが、一般的な鉛のバッテリーでは液量がLOWを切っているものをよく見かけます。比重/電圧はチャージャーが働いていれば、通常はOKの範囲に入っているでしょうが、液は減っているかもしれませんので、点検してください。(シールドバッテリーや、ジェルバッテリーでは点検方法ことなります)

船体のキングストンバルブ、シャフトのシールスタンなども必ず見ます。重要な点検項目です。
Today we are inspecting YANMAR-6CZAS-GT (simple). Main is maintenance on the bottom of the ship.
Because a relatively large engine is mounted in a narrow engine room, it is hard for maintenance inspectors.
Several problems were discovered, such as a mechanical seal failure of a seawater pump, a pinhole of an exhaust pipe, and so on.
I always look at the battery voltage and specific gravity, but with common lead batteries I often see things with low liquid volume. The specific gravity / voltage will normally be in the OK range if the charger is working, but liquid may be decreasing, so please check it. (How to inspect for shielded battery and gel battery)
We also look at the Kingston valve of the hull, the seal stem of the shaft, etc. It is an important inspection item.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : YANMAR-6CZAS-GT

タペットカバーOIL漏れ修理、ヤマハXJR1300

持病のヘッドカバーOIL漏れが再発したので、重い腰を上げしぶしぶガスケット交換しています。
ヤマハXJR1300

タンク外して、1200はなかった知らない部品を外して、オイルクーラーをどけて、風を送るダクト外して、タペットカバーが外せる状態になりました。ここまではさくさく順調。
タペットもロッカーアームだったら調整するんだけど、シムだからなあーと自問自答。
面倒だからOILもれだけ直して帰ろうと復旧しだしたら、

フロントスプロケのあたりでOILもれ発見。念の為ギヤカバー外す。
以前にも起こったクラッチのピストンが押すシャフトのシールからOIL漏れ。どうもチェーンから飛んだチェーンOILが、シャフトにこびりつきそこにゴミや砂などが張りつくので、シールを傷つけてしまうようです。
幸いまだ動かせるので、シャフトを1000番のペーパーで磨き段付きなどをごまかし、シールはじゃじゃ漏れではないので、ラバーグリスでごまかす。
YAMAHA-XJR1300
部品が来るまで、このままのSEALでしのげるか。
YAMAHA XJR1300
以前の盗まれた1200には社外品のカバーを付けていたが、かっこだけで強度不足からシフトタッチが悪化する代物だった。もっといいものもあるだろうけども、費用対高価考えると純正が一番か。

Headache Cover of Chronic illness OIL leak has recurred, so we have recharged the heavy waist and recharged the gasket.
Removed the tank, 1200 was not removed, remove the unknown parts, remove the oil cooler, remove the duct to send the wind, the tappet cover can be removed. It is going smoothly so far.
I will adjust if the tappet is a rocker arm, but because I am a sim, I ask myself myself.
Since it is troublesome, if you recover to fix OIL leak and return home,

OIL leak was discovered around the front sprocket. Just to be sure, remove the gear cover.
Olm leak from seal of the shaft pushing piston of the clutch that occurred before. The chain OIL which flew away from the chain sticks to the shaft and garbage and sand stick to it, so it seems to hurt the seal.
Fortunately you can still move it, polish a shaft with a 1000 paper, such as stepped, stick out with a seal, because the seal is not leaked, cheat with rubber grease.

Shall we proceed with SEAL as it is until parts come.

The old stolen 1200 was covered with a cover for external goods, but the shift touches were worse from the lack of strength with only the brackets. There will be better ones, but genuine is the best, when considering cost versus expensive.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : YAMAHA XJR1300

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ