FC2ブログ

HIDバルブ交換

XJR1300のヘッドライトバルブを交換しました。年の瀬に切れるとは。
純正のものではなく、後付けで付けてもらったHIDです。非常に明るく、自分のランサーエボ7(プロジェクター風のただのハロゲン)の2灯よりも明るいです。
HID-KIT,YAMAH-XJR1300

メーカーが不明だったので、調べる前につけてもらった店に聞いたらもってきてくれました!
お歳暮だと思って代金はいいよと! ヒステリックグラマーレーシングファクトリー石川様ありがとうございます。
大変助かります。ほんとにもうしわけない、、、

空冷4発のキャブ車は排ガス規制で減っているようで、インジェクション化された車両か絶版になっていくようですね。
取引先のオーナーが川崎のゼファー1100の中古価格が新車の倍だと言っておりました!
XJRも中古価格が上がっていくのでしょうか。売るつもりも乗り換える予算もないんで関係ありませんが。
今年で10年目、もう10年は可動してもらいます。

I replaced the headlight bulb of XJR 1300. It is said that it will expire in the year.
It is not genuine, it is the HID that was attached afterwards. It is very bright and brighter than the two Lancer Evo 7 (just halogen of projector style).

Since the maker was unknown, it brought me when asked to the store that I had attached before investigating!
I think that it is gifts and that the price is good! Hysteric Glamor Racing Factory Thank you very much, Mr. Ishikawa.
It's a big help. I really am sorry ,,,

It seems that four air-cooled cab cars are decreasing due to exhaust gas regulation, so it seems to become an injection-made vehicle or out-of-print.
The owner of the customer said that the used price of Kawasaki's Zephyr 1100 is double the new car!
Will the second-hand price go up also at XJR? It does not matter because I am not going to sell or have a budget to change.
This year 10 years, 10 years will be allowed to move.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : YAMAHA XJR1300

MTU12V2000M90点検

年の最後にMTU12V2000M90の12気筒マリンディーゼルエンジンも点検に行きました。
MTU12V2000M90

手間のかかるエンジンでは有りますが、ターボがシングルからツインに切り替わるときの加速感はなかなか気持ちの良いエンジンであります。高性能ゆえにランニングコストがかかるのはいたしかたないことか、、、

いつものパターンにて、エンジンに付随御する関連重要部品もチェツクします。
キングストンが閉まるのは当たり前のことですが、これが固着して固くなっているボートはよく見かけます。
ハトラス60
キングストンバルブにしろバッテリーにしろ点検は難しくありません。めんどくさい(やりにくいところに有るなど)かもしれませんが、転ばぬ先のなんとかだと思います。肝心な時にバッテリーがだめでエンジンがかからないとかでは、つまらないですよね。

At the end of the year I also went to check 12-cylinder marine diesel engine of MTU 12V 2000 M 90.
Although it is a troublesome engine, the acceleration feeling when the turbo switches from single to twin is a very pleasant engine. Is it impossible for running cost to be high due to high performance ?,,
In the usual pattern, I also check related important parts attached to the engine.
It is commonplace for Kingston to close, but I often see a boat that is stiff and firm.
Checking with a Kingston valve or a battery is not difficult. It may be a burry (it may be difficult to do), but I think that it is somehow ahead of me. It is boring in the critical times that the battery does not run and the engine does not run.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MTU12V2000M90

ISUZU UM6WG1TCG,熱交換器精巣VOL2

熱交換器清掃のつづきです。一般的には2年に一回位は清掃をしていくパーツです。
不調の兆しが出る前に整備しておいて方がダメージが少ないのです。
いすゞUM6WG1TCG
インタークーラー(CHARGE AIR COOLER)のコアは外見からは想像できないほど汚れていて、穴が貫通しているように見えますがほとんどが詰まっていました。海水系のコアは汚れやすいですが、今回のものは清掃タイミングがおそかったですね。とりあえず穴のつまりを取っているところ。手間がいつもの倍です。

前後のカバーも腐食等によりぼろぼろと崩れてしまいます。海水系のジンクは半年に一度は点検場合によっては交換をしましょう。ジンクが無くなれば、喰われるのは本体です。ガスケット取付部の面がダメになると高い部品が交換になってしまいます。どこまで修正できるか、、、
20150510P1238.jpg

エンジン冷却水の熱交換器のコア。こちらもCACほどではないがかなり汚れていました。だいぶきれいになったコア。もう少し洗ってから組み付けます。
It is the continuation of the heat exchanger cleaning. In general, it is a part that cleans up once every two years.
There is less damage if you keep it before signs of upset.
The core of the inter cooler (CHARGE AIR COOLER) is so dirty that it can not be imagined from the appearance, it seems that the hole penetrates, but mostly it was packed. The core of the sea water system is easy to get dirty, but the cleaning timing was late this time. In the meantime I'm taking the hole. The trouble is double as usual.

The front and rear covers are also crumbled due to corrosion etc. Check zinc in sea water system once every six months Let's exchange in case. It is the body that can be eaten if zinc is gone. If the surface of the gasket mounting part becomes useless, high parts will be replaced. How far can we fix it ?,,
Engine cooling water heat exchanger core. This is not as good as CAC, but it was pretty dirty. It is a pretty beautiful core.
Wash it a little more and then assemble it.
At ISUZU-UM6WG1-TCG
20150510P1242_201312271640560b0.jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ISUZU-UM6WG1-TCG

ISUZU-UM6WG1TCG, 熱交換&インタークーラー清掃作業

本日は昨日にひきつづき減速機の復旧&陸上試運転を行いました。減速機用オイルクーラーがかなり汚れていた(油温度上昇により、内部O-RING不良)ことから、今回はエンジンの熱交換器とインタークーラーも作業着手の了承をもらいました。
I/C-COOLER,ISUZU-UM6WG1TCG
マリンギヤのOIL-COOLERへつながる部分は内部が錆とゴミ等でふさがっています。海水経路の内部はかなりきていると思われる。
こちらのインタークーラーは大変重い為二人がかりで外し、船外へは3人で抜き出した。時間差で明日腰がアウトです。
こちらは熱交換器。ずいぶんと清掃していないので、コアだけ抜き出さずに本体ごと外し分解清掃します。
20150510P1222.jpg
インタークーラー海水ラインの上部。がびょーんで感じ。
20150510P1223.jpg
かなりの穴がふさがっていました。やはり2年に一回くらいは清掃を行いたいですね。
明日以降で、I/Cと熱交換器の清掃を進めます。ISUZU-UM6WG1-TCGにて

Today, yesterday, we carried out restoration of the reducer & commissioning onshore. Since the oil cooler for the speed reducer was considerably dirty (due to oil temperature rise, internal O-RING defect), this time we got the engine heat exchanger and the intercooler to approve work start.

The part that leads to the OIL-COOLER of the marine gear is filled with rust and dirt inside. It seems that the inside of the seawater route is considerably inside.
Because this intercooler is very heavy, we removed it with two people, and three people pulled out of the boat. The waist is out tomorrow at the time difference.
This is a heat exchanger. Since it has not cleaned up quite a lot, remove only the core and disassemble and disassemble it separately from the main body.
The top of the intercooler seawater line. Feeling sick.
A considerable hole was occupied. Again, I would like to do cleaning once every two years.
After tomorrow I will clean the I / C and the heat exchanger


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : ISUZU-UM6WG1-TCG

ISUZU-UM6WG1TCG用マリンギヤMGN80EXの整備、VOL1

久々に楽しい作業中。本日はいすゞマリンディーゼルエンジンに使用されている、マリンギヤMGN80EXの整備を日本ジーゼル西山氏と進めております。機械好きには、このような作業が楽しいのです。
電気配線ハーネスを接続して、うんうん唸るのは、苦手なのであります。MGN80EX(いすゞUM6WG1TCG)
整備依頼は前後進時の変速時の不具合解消とマリンギヤ用クーラーの整備です。マリンギヤの整備の場合は、技術とSSTの兼ね合いから、メーカー系列(ZF,TWINDISC、YANMAR)のメカに依頼するか、自社にて西山氏と対応(NICO,国産一部)するかに分かれます。今回はフルオーバーホールでは有りません(残念)。

OILクーラーを外し、OILPUMPやシフト関係のコントロールを外して行きます。
MGN80EX(ISUZU-UM6WG1TCG)
HITACHI-NICO-MGN80EX
インプットシャフトとドライブシャフトが顔を出しました。後方から抜き出しができるマリンギヤでは減速機をエンジンと分割せずにある程度の作業が行えます(船体の状況や作業目的/内容により当然異なります)
MGN80EX(ISUZU-UM6WG1TCG)
MGN80EX(いすゞUM6WG1TCG)
MGN80EX(いすゞUM6WG1TCG)

写真右側に見えるドライブのスプラインにエンジンフライホイールとつながルダンパーのスプラインとかみ合います。

ドライブ及びインプットの中に、摩擦番やピストン部分が入っています。ISUZU-UM6WG1-TCGにて

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : HITACHI-NICO-MGN80EX

XJR1300,ブレンボ鍛造キャリパー清掃中

本日は午前中は横須賀です。作業順調にて昼には帰社。
20150510P6497.jpg

行き帰りは警察も多く、高速では覆面につかまっている方多数。横横は危険なのです。

昼休みはXJR1300のフロントブレーキが引きづりぎみなので、取り外してピストンを清掃してます。残念ながら私のは純正ではないので、ダストシールがなく定期清掃しないと動きが悪くなるのであります。
20150510P6499.jpg
最近のリッターバイクについている純正のラジアルキャリパーの方が高性能でしょう。出来れば交換したいですが予算が。

こちらも定期的に清掃しているオイルキャッチタンク。この時期オイルより水分が多い!エンジンは10年目、まだまだ動いてもらいます。

Today is Yokosuka in the morning. I went back to work by morning at work.

There are also many police off the road and many who are caught in the mask at high speed. Horizontal and sideways is dangerous.
Because the front brake of XJR 1300 is pulling in lunch break, I remove it and clean the piston. Unfortunately, since mine is not genuine, there is no dust seal and periodic cleaning will result in poor movement.
The genuine radial caliper attached to the recent liter bike will be better performance. I would like to exchange if possible but the budget.
This is also an oil catch tank that is regularly cleaning. There is more moisture than oil at this time! The engine is still moving for 10 years.

20150510P6500.jpg

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : YAMAHA

IPS1200TWIN&ONAN発電機点検

12月の作業もあと1週間足らずで終わります。建造船の作業の合間にIPS1200TWINの点検に来ています。 VOLVO-PENTA IPS1200(D13B-G MP IPS , 900HP) IPS1200のエンジンは、高効率とコモンレールシステムのおかげで大変燃費がよく好評です。 なんでも新しければよいわけではありませんが、早くて燃費が良ければメリットは多いと思います。 その分高価なエンジンを保守点検していく必要は発生します。実際は定期整備をしている方が、壊れてからあたふたするよりコストもダウンタイムも減少します。 沢山センサーは付いておりますが、OILの量や粘度を確認したり、目視にて漏れなどを確認する作業はなくなりません。 エンジンに付随して、キングストンバルブや始動用バッテリーなども確実にチェツクします。 こちらは発電機。 塩と錆が垂れていたのは、海水ポンプのメカシールからでした。 VOLVO-PENTA IPS1200(D13B-G MP IPS , 900HP) 早め早めが功を奏することが、多々あります。 Work in December ends in less than one week. I have come to inspect IPS 1200 TWIN during the work of the building ship. The engine of IPS 1200 is very popular with high fuel economy thanks to high efficiency and common rail system. I do not think that it is good if it is new, but I think that there are many merits if it is early and fuel efficiency is good. Necessary to maintain and check expensive engines accordingly will occur. In fact, those who are regularly servicing will be less costly and downtime than they would if they were broken. Although we have a lot of sensors, we do not have to check the amount and viscosity of OIL or check leaks etc. by visual inspection. Attached to the engine, surely check the Kingston valve and starting battery etc. This is a generator. Salt and rust were dripping from the sea water pump mechanical seal. There are many things that ahead of time will be effective.
人気ブログランキングへ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : VOLVO-PENTA-IPS1200 D13

IPS1200(D13B-G MP IPS) 納艇前点検

IPS1200にて、納艇前の最終点検を進めています。
VCS
冷却水はVOLVOの純正VCSを使用しています。使用期間が従来のタイプよりも長くなっております。
量や液漏れなどを再チェツク中。
VDS-3
エンジンオイルもVOLVO純正の物を使用。万が一のトラブル発生時に、不安要素を減らす為(メーカーに対して指定された物を使っていますと言えます)純正指定品を使ってます。マニュアルなどに他社メーカーの使用できるOILがいろいろ記載されている場合は、そのなかから選ぶことも有ります。
ミッション(このエンジンの場合はIPSドライブシステム)オイルも同様に、VOLVO純正の100%化学合成ギヤオイルを使用します。大変高価ですが、壊れると大変なことになるので指定銘柄ははずせません。

Vベルトの状態、各フィルター、なども確認。そのほかバッテリー端子の緩みやエンジンマウントなども当然確認します。バッテリーは最近多い、オプティマブルートップを使ってます。

At the IPS 1200, we are proceeding with the final inspection before the boat.
Cooling water uses VOLVO's genuine VCS. The usage period is longer than the conventional type.
We are re-checking volume and leaks.

Engine oil used VOLVO genuine thing.
In case of emergency trouble, I use the genuinely designated item to reduce anxiety (I can say that I used the thing specified for the maker).
In the manual etc., when various OILs that can be used by other manufacturers are described, you may choose from among them.
Mission (IPS drive system in case of this engine) Oil also uses 100% chemically synthesized gear oil of VOLVO genuine.
It is very expensive, but it will be tough to break, so you can not remove the specified brand name.
V belt condition, each filter, etc. confirmed. Other than that, we will ascertain looseness of battery terminals and engine mount as well. Battery recently, I am using Optima blue top.

20150510P1123.jpg

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : VOLVO-PENTA-IPS1200 D13B-GMP

SLIP CALIBRATION (VOLVO PENTA IPS1200 Triple)

IPS1200Triple(EVC-D)にて、スリップキャリブレーションを実施しています。
この設定を完了することで、シングルレバーモードやオプションのDPSシステムが使えるようになります。
VOLVO-PENTA IPS1200(D13B-G MP IPS)

搭載ボートはIPS1200の3機がけなので、この設定作業を洋上で3回それぞれのエンジンで行います。
※実際はコンピュータが勝手にやってくれるので、こちらは指示通りにレバーなどを動かしているだけですが。
VOLVO-PENTA IPS1200(D13B-G MP IPS)
テストと確認を繰り返し、初期不良などを潰していきます

Slip calibration is carried out with VOLVO-PENTA-IPS1200 Triple (EVC - D).
By completing this setting, you can use single lever mode or optional DPS system.
Since the boat is equipped with three IPS 1200 machines, this setting operation is performed three times at sea on each engine.
* In fact, since the computer does it without permission, this is just moving the lever etc. as instructed.
Repeat the test and confirmation, we will crush initial failure etc.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : VOLVO-PENTA-IPS1200

Cutless Bearings


[広告 ] VPS


カットレスベアリングの摩耗が進んでいるもの。すでに隙がかなり大きく、手でシャフトを上下するとガタガタと動いてしまいます。これではいくら軸芯を調整しようにも意味がありません。
こちらの資料では、45mmシャフトに対するゴム系のカットレスベアリングの摩耗限度は2mm。
標準すきまは0.2-0.3mmとなっています(参考資料 船舶の軸系とプロペラ 成山堂書店発行より)
※ブラケットのカットレスはこの船では1個です。カットレスベアリングが2個あって、中間カットレスのすきを大きめに設定している船も有ります。

すでに隙間ゲージでは1mm以上の厚手のものが楽々とはいってしまいます、、
余計な振動はエンジンにも減速機にもいい影響を与えませんので、早めの交換が必要です。

Cutless bearings are advanced with wear. The gap is already quite large, and it will rattle as you move the shaft up and down by hand. With this it is meaningless to adjust the axis center.
In this article, the abrasion limit of rubber type cutless bearings to 45 mm shaft is 2 mm.
The standard clearance is 0.2 - 0.3 mm (Reference material Ship axis system and propeller from Naritado Bookstore publication)
※ The cutless of the bracket is 1 in this ship. There are two boots without cuts, some boats set the plow of intermediate cuts larger.

Already with a gap gauge, things thicker than 1 mm easily enter ,,,
Unnecessary vibration does not affect the engine or the speed reducer well, so it is necessary to replace it early.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ