FC2ブログ

VOLVO-PENTA IPS1200TWIN定期メンテナンス 2

今回は交換の該当がない作業項目ですが、重要なものに関しては点検していきます。
ベルトはまだ交換ではありません。オートテンショナーの為調整もありませんが、カバーを外して目視にて不具合がないか確認。
20150508P7329.jpg
冷却水はIPS1200では新しいタイプの4年もつものを使用しています。今回は液量を目視確認したのち、テスターを付けて清水系統を点検。
VOLVO-PENTA D13B-GMP(IPS1200)
エアフィルターは清掃のみ。ターボシャフトは1段目のみ点検出来ます。
VOLVO-PENTA D13B-GMP(IPS1200)

平行して搭載発電機の消耗部品交換も進めます。整備対象はCummins-Onan 23MDKBVです。※エンジンはクボタです。
ややこしいです。海外の発電機にはメイドインジャパンのエンジンが多いですね(ヤンマー、クボタ、いすゞなど)
生産国がUSAなのでメインインUSAになるのでしょうが日本のエンジンです。
ONAN-23MDKBV

交換部品はLO,Fo(1次2次),Vベルト、海水ポンプインぺラー、エンジンオイルなど。ベルトはカバーを外しての交換。回りっぱなしの発電機ではベルトとインぺラーは確実に時間管理していきます。洋上であわてて交換などしたくありませんので。
ONAN-23MDKBV

海水ラインのZINKも交換。すでになくなっていました。タイミング的には少し遅かったとゆうことです。
最後にカバーを外した状態で、始動確認します。
ミキシングやその他海水ラインなどのもれ、OILもれ、清水もれをチェックしていきます。
This time it is a work item which is not applicable for replacement, but I will inspect important items.
The belt is not yet a replacement. Although there is no adjustment for the auto tensioner, remove the cover and visually check whether there is a problem.

In the IPS 1200, cooling water is used which has a new type of 4 years. This time visually check the amount of liquid, then check the clear water system with a tester.

Clean only the air filter. The turbo shaft can only be inspected at the first row.


We also promote replacement of consumable parts of the onboard generator in parallel. The maintenance target is Cummins-Onan 23MDKBV. ※ The engine is Kubota.
It is confusing. There are a lot of engines from Made in Japan for overseas generators (Yanmar, Kubota, Isuzu etc)
As the country of production is USA, it will be main in USA, but it is Japanese engine.


Replacement parts include LO, Fo (primary and secondary), V belt, seawater pump impeller, engine oil and so on. Replace the belt with the cover removed. For generators that remain stationary, belts and impellers will surely manage time. Because I do not want to swap in a panic at offshore.

ZINK of the seawater line is also exchanged. It was already gone. I think that it was a bit late in timing.
Finally, with the cover removed, confirm start.
Mixing and other seawater line leaks, OIL leaking, Shimizu leak will be checked.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : VOLVO-PENTA-IPS1200

IPS1200定期メンテナンス(VOLVO-PENTA )

IPS1200(D13B-G 900HP)TWINの定期整備を進めています。あっとゆうまに300時間を超えて運航中の60FTカスタム。
約1年(正確には10ヶ月位)の今回は消耗部品の交換といつもの点検項目を行います。
ラバーマウントは時間とともに変形するので、今回はアライメントの確認調整作業をオーダーいただきました。
ユニバーサルシャフトでエンジンのフライホイール後方のダンパー部とIPS3ドライブUNITを接続して動力を伝えています。エンジンアライメントはIPS3UNITの据え付け時に、専用の冶具を使いエンジンを船体にセットしています。
そのため一旦セットされた後のエンジンやドライブがある状態では冶具は使用できません(アラインが正しいと仮定)。
確認するにもユニバーサルシャフトの2か所の稼働部が有る為、そのままの状態ではあまり正確に測定できません。ただのプロペラシャフトなら、カップリングの印籠の隙や、船尾管のカットレスの隙などいろいろ測定して調整しますが、IPSなので、、、
そのため精度のある冶具を製作して、シャフト船のブラケットや船尾管を取り付けるときと同じように糸を使って軸芯を確認しています。
①まずは養生 ②エンジンのダンパーカバーを外して、プロペラシャフトを外します。
IPS1200(VOLVO-PENTA)

③プレートを前後に取付して測定準備完了。あとは前後左右の微調整を行うわけであります。
IPS1200(VOLVO-PENTA)
昔からよくやる普通の方法です。以前はどうすんのこれ?とゆうところで止まっていました。機会があって高澤製作所の技術顧問のかたとお話した時に、やっぱり冶具作って測らないとダメだよって言われました。単純な話で測定できなければ測定冶具を造るしかないし、やはり正確に測ったほうがいいとのことをいわれました。当たり前の話です。
設計屋さんの話は、説得力がありますね。

IPS 1200 (D13B-G 900 HP) We are promoting periodic maintenance of TWIN. 60FT custom that is currently operating over 300 hours to an auction.
For about a year (accurately, about 10 months) this time we will replace expendable parts and perform usual inspection items.
Rubber mounts deform with time, so this time we ordered alignment checks and adjustment work.
It connects the damper part behind the flywheel of the engine with the universal shaft and the IPS 3 drive UNIT to transmit power. When installing IPS 3 UNIT for engine alignment, the engine is set on the hull using a special jig.
As a result, jigs can not be used with the engine or drive after being set once (assuming that the engine alignment is correct).

Since there are two working parts of the universal shaft to confirm, it can not measure very accurately in the state as it is. If it is just a propeller shaft, we measure and adjust various things, such as the gap of the seal of the coupling and the cutless of the stern tube, but since it is IPS ,,,
For that reason, we manufacture precision jigs and use the threads to confirm the axis center as when attaching the brackets and stern tubes of a shaft ship.
① First curing ② Remove the engine damper cover and remove the propeller shaft.

③ The plate is mounted to the front and back and measurement preparation is completed. After that, we will make fine adjustments in front and back and left and right.

It is an ordinary way to do well from long ago. How old is this before? And it stopped at the place. When I had a chance to talk with a technical adviser at the Takasawa Manufacturing Division, I was told that I had to measure and measure the jig after all. If we can not measure with a simple story, we only have to make measuring jigs and said that it is better to measure accurately. It is a matter of course.
The story of the design shop is convincing.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : VOLVO-PENTA-IPS1200

とも周り整備

シャフトシール(PSS)の交換&ラダー復旧及びプロペラ取付作業。
20150508P2091.jpg
今回はカットラスベアリングも交換していますので、積層した後がまだ目新しい船底塗料になってます。
ペラは右回りで、ねじは国産のセオリー通り。よってこのNUTは逆ねじです。ちょうど締めているLOCKのボルトは正ねじ。船内で取付たカップリングのNUTもセオリー通り正ねじ。
20150508P2093.jpg
※エンジン軸芯調整の作業が残っている為、これはまだセットされていない状態です。

新しいPSSはゴムの蛇腹が以前のものと違う感じです。給水のタケノコニップルもプラスチック製からステンに変わった。
蛇腹がフルに伸びている位置からPSSのリングをあて、そこから1”位を目安に押しこんだ位置で固定します。
走行試験して、前後進など確認したうえで海水が漏れなければいいわけで、最低限の押し込みを確保すればOK.
のちのち漏れが出たりすれば、さらにリングを押しこんでいきます。大出力のエンジンや径が大きいものはむずかしいかと思いますが、大変実績のあるシャフトシールです。
最近の60FTクラスのボートでは、ストロングシールなどのリップSEALを使ったシャフトシールが多いですが。
点検中によく見かけるのが、ゴムの蛇腹を船体に固定しているホースバンドがさびている物。ステンだって錆ます。
腐って切れたら大変なことになるので、シールスタンのホースバンドは定期的に確認してください。

Shaft seal (PSS) replacement & ladder restoration and propeller installation work. It becomes bottom paint.
Perak is clockwise, screws are domestic theory street. Therefore, this NUT is reverse screw. The bolt of LOCK just tightening is a regular screw. The NUT of the coupling mounted inside the ship is also a regular thread as stated by theory.

* Since the work of adjusting the axis of the engine remains, this is the state that has not been set yet.

The new PSS is a rubber bellows feel different from the previous one.
The hose nipple of the feed water also changed from plastic to SUS.
Place the ring of the PSS from the position where the bellows is fully extended, and fix it at the position pushed from 1 '' position as a guide.

It is OK if the sea water does not leak after running test and checking forward and reverse etc. OK, if you can secure minimum pushing in, OK.
If there is a leak afterwards, we will push the ring further. I think that it is difficult for the engine with a large output and the one with a large diameter, but it has a very proven shaft seal.
In the recent 60FT class boat, there are many shaft seals using lip seals such as strong seals.
What I often see during checking is that the hose band that rings the rubber bellows to the hull is rusty. SUS also rusts.
If it goes bad and disappears, it will be tough, so check the seal band's hose band periodically.



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

KOHLER発電機の整備

KOHLER-23EOZの整備中。定期交換部品のLO,FO,OIL,Vベルト、海水ポンプインぺラー、などを交換しながら点検を進めます。
KOHLER  コーラー発電機
海水ポンプはメカシールからの海水漏れなどもチェツクしつつ、インぺラーを交換。ケース本体やKeyも減ってくるので、OHがいいかASSY交換が良いかはその都度状況を見て判断。
KOHLER  コーラー発電機
エンジン下のベースが濡れているので、もしやと思いましたが残念ながらミキシングにピンホールが開いておりました。
発電機に限らずミキシングは、熱と海水で傷みやすいので耐久消耗部品としてあきらめてダメになったものは交換していきます。これを放置すれば、穴も大きくなりセンサーが反応すれば当然エンジンがかからなくなります。
不良を発見したら早急に手を打ちましょう。

Under development of KOHLER - 23 EOZ. We will proceed with inspection while exchanging LO, FO, OIL, V belt, seawater pump impeller etc. of periodic replacement parts.

The seawater pump also checked for seawater leakage from the mechanical seal and replaced the impeller. Since case body and key also decreases, it is judged by looking at the situation each time whether OH is good or ASSY exchange is good.

Because the base under the engine was wet, I thought so much but unfortunately pin holes were open for mixing.
Mixing not limited to generators is easy to be damaged by heat and sea water, so we will replace those that gave up as durable consumable parts and got damaged. If you leave this alone, the hole will also become bigger and if the sensor reacts it will obviously not start the engine.
Let's hurry as soon as you find a defect.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : KOHLER

CAT-3412E消耗部品交換整備

Caterpiller3412E-MarineEngineの定期整備を進めています。
CAT-3412E, キャタピラーマリンディーゼルエンジン
OIL-FELTERはFUEL-FELTERの奥にあるので、燃料フィルタ外し、オイルフィルター交換、燃料フィルター取付の順。
1次燃料フィルターも当然交換と清掃を行います。エア抜きはフィードポンプにて。

EG-OILと減速機のOILは船体のチェンジャーを使用して交換しますが、量が多いので時間がかかる。ハイエースの中は抜き出し用のペール缶12本と交換用のOIL缶12本で満杯状態。
CATERPILLER-3412E Disel Engine
まだ羽は飛んだりしていないが、固くなり変形したままもとに戻らないインぺラー。

防蝕亜鉛やVベルトも交換。その他点検項目は、ターボシャフトの簡易チェツク、フィルター清掃、冷却水の点検、
キャツプとラインの圧力テスト、マウントやキングストンバルブの点検など。
エンジンは最後に始動して、燃料、OIL,清水、海水等の漏れなどを目視で確認していきます。CATERPILLER-3412E Disel Engine

2名で1日だと結構ヘビーな一日です。並行して発電機も整備しています、、、
We are promoting periodic maintenance of CAT-3412E.
Since OIL-FELTER is in the back of FUEL-FELTER, it is order of fuel filter removal, oil filter change, fuel filter attachment.
The primary fuel filter will obviously replace and clean. Air bleeding is by feed pump.

The EG-OIL and the transmission OIL are exchanged using the hull changer, but it takes time because the amount is large. In the Hiace, it is filled with 12 pallet cans for extraction and 12 OIL cans for replacement.

The feathers are not flying yet, but they are stiff and impeller that does not return to its original shape while being deformed.

Corroded zinc and V belt are also exchanged. Other items to be inspected are simple check of turbo shaft, filter cleaning, inspection of cooling water,
Pressure test of cap and line, inspection of mount and Kingston valve etc.
The engine will be started last, and we will visually check leaks such as fuel, OIL, fresh water, sea water etc.
It's a pretty heavy day if it's one day for two people. In parallel, the generator is maintained ,,,



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : CAT-3412E キャタピラー3412E Caterpiller3412E-MarineEngine

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ