FC2ブログ

MAN-D2842LE404,点検作業

神奈川方面にて、点検やら、交換やらもろもろの作業。
1件目、MAN-D2842LE404エンジンにて、燃料やOILラインなどの点検ましじめ。
MAN-D2842LE404EDC
点検依頼のあった項目は大丈夫でしたが、リターンラインにて漏れがあったので、報告してGASKET交換。

2件目、MAN-D2840LE403にて。
こちらはエンジン回転が上がらないとのことで、連絡を受け伺いました。行く前から聞いた話の内容からもしや?と思っていましたが、やはりとゆうか1次燃料こしき[RACOR1000]の切り替えレバーが全閉に近い半端な位置になっておりました。
(RACORなどが、狭い通路にある船は、エンジンルーム出入りの際は注意が必要)
レバー位置をなおし、海上試運転にて一件落着。

3件目は電気チームが船の清水ポンプを交換中。われわれは点検と、発電機のサウンドシールドを修理。

手がかからない船などありませんので、まめにチェツクして潰していくしかありませんね。
明日はSF51を点検します。
On the way to Kanagawa, we have to do inspections, exchanges and other work.
In the first case, with MAN - D 2842 LE 404 engine, inspection of fuel and OIL line etc.
Items requested to be inspected were okay, but because there was a leak in the return line, please report and exchange GASKET.

The second case, MAN - D 2840LE 403.
It was said that the engine rotation did not rise here, I received a message and asked. From the content of the story I heard from before I go? Although I thought, the switching lever of [Yuka Yuka primary fuel] [RACOR 1000] was in a position close to the fully closed position.
(RACOR etc, but a ship in a narrow aisle needs attention when entering and leaving the engine room)
Corrected the position of the lever and settled one case at sea trial operation.

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MAN-D2842LE404EDC

MAN-D2842LE406, 燃料ラインの応急修理

MAN-D2842LE406にて、燃料高圧パイプの不良あり。
燃料噴射ポンプとの接触面に当たるそろばんの駒のような形状の部分に段付き摩耗がみられる。
MAN-D2842LE406、FUEL-PIPE
写真はインジェクター側。ポンプ側はもっと摩耗している。この為NUTを締めても燃料漏れが止まらず、JIBT期間中は部品[新旧問わず)がなくて修理出来なかった(キャプテンいろいろご苦労さまでした)。

東京にもどり会社のジャンクパーツをあさる。
中古パーツも同型なく、しかたないので応急用に形状をまげてなんとなく付くようにして復旧。一応止まったが試運転で負荷をかけてみて最終判断します。
MAN
本来は3本セットで右1-3番がポンプからアフタークーラーの右後方をとりまわして取付られる。
今あるものを強引に付けたので、1番がAFクーラーの下を通っています。

高圧菅は耐久消耗部品であります。MTUなどでも時間交換部品に指定されています、
段付きも修正したらさらに漏れがひどくなる(締めしろが減った為?)時もあるので、要注意です。
With MAN - D 2842LE 406, there is a failure of the fuel high pressure pipe.
Stepped wear is observed in the part of the shape like an abacus piece that strikes the contact surface with the fuel injection pump.
The picture is on the injector side. The pump side is more worn. For this reason, fuel leakage did not stop even if the NUT was tightened, and during the JIBT period there was no part [old and new) and it could not be repaired (Captains were troublesome).

Returning to Tokyo and treating the company's junk parts.
Second-hand parts are not identical type, so restore shape so as to attach for emergency and something is attached. It stopped for a while, but I will judge the final load by applying trial run.

Originally 3 sets of right 1 - 3 are installed from the pump by picking up the right rear of the after cooler.
I forced a thing that exists now, so No. 1 goes under the AF cooler.
High pressure tube is a durable consumable part. MTU etc. are also designated as time exchange parts,
As we correct the sharp edges further leakage becomes severe (because of tightening margin?) Sometimes, so be careful.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MAN-D2842LE406

MAN-D2842LE406清水漏れ修理

MAN-D2842LE406マリンディーゼルエンジンの清水漏れ[圧力漏れ]修理がおわった!
エキゾーストマニホールドとエキゾーストエルボーの接続面に入るSEALがやはりダメだったようで、交換して圧が落ちなくなった。 今回はSEALからの垂れあとや材質の硬化などは発見できたものの、確信が持てなったので、これでもまた圧力が抜けてくるならあとは確認していないやばいところしか残っていない為、組み上げてテストするまでは少し不安がありました。
MAN-D2842LE406

個別のパーツ(ターボハウジング、エルボー)単体での圧力テストで不良確認したほか、ヒートエクスチェンジャーのシールを交換しての、本日の組み上げ&テストです。※それでもOILPANに清水が落ちたりするわけではなかったので、ライナーとかヘッドガスケットではないだろうと横山とはなしておりました。

あとは海上試運転だけだ。
MAN-D 2842LE 406 Shimizu leak of marine diesel engine [pressure leakage] repair has ended!
It seems that SEAL which entered the connection surface of the exhaust manifold and the exhaust elbow was still ineffective, and the pressure did not go down by exchanging. Although I could discover sagging from SEAL and hardening of material etc., I became convinced, so if this pressure also comes out again this time, since there are only unscrupulous confirmed place left, we have assembled it up I was a little anxious until the test.

In addition to checking for badness by pressure test with individual parts (turbo housing, elbow) alone, we are replacing the heat exchanger's seal, today's assembly & testing. Still, because Shimizu did not fall into OILPAN, I was speaking with Yokoyama that it would not be a liner or head gasket.

Only the sea trial operation is the rest.


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

tag : MAN-D2842LE406

点検&修理

来週は毎年の恒例行事であるJGFA国際カジキつり大会があります。参加艇のメンテやらもあり、業務艇の一般修理もありなんとなくバタバタと浮ついております。
こちらはCAT-C30のメンテナンス。オイル交換と点検などを作業。
CAT-C30, キャタピラーマリンディーゼルエンジン

こちらはMTU12V2000にて、冷却系統などの点検とインジェクターのカットアウトテスト。
ともに異常なしでほっと一安心。
MTU12V2000M90

20150507P2943.jpg

こちらは業務艇。1日止まれば1日分利益が減るとゆうことで、納品された部品をあわてて組んでます。
いすゞUM6BG1
復旧して清水漏れテストして試運転で完了。
あとはMANをやっつければ終わり、、、
Next week, there is the annual event of JGFA International Fishery Festival which is held annually. There are also maintelete of participating boat, general repair of business boat is also somehow fluttering as float.
This is maintenance of CAT-C30. Work on oil change and inspection etc.

This is MTU12V2000, inspection of cooling system etc and cutout test of injector.
Both are relieved relieved without any problems.

This is a business boat. If we stop for one day, we will arrange the delivered parts in hurry so that profits will decrease by one day.

Completed with restoration, test water leak test and trial operation.
Afterwards if you hit MAN, it ends ,,,

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

オオムラエンジンサービス株式会社

Author:オオムラエンジンサービス株式会社
代表取締役 大村芳弘
1級舶用機関整備士
東京都

FAX 03-3480-4183
y.ohmura.mtu@gmail.com

最新記事
カテゴリ
最新コメント
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
20位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ